嫌悪・うんざり

嫌悪・うんざり

No.150 女性恐怖症の私(男性・42歳)

とてもさわやかな風が吹いていました。私は夢の中で中学生の姿になっていました。現実世界の中学生時代同様に、休み時間に教室で机に顔を伏せて寝ています...
嫌悪・うんざり

No.144 家に着くまでが仕事です(男性・48歳)

私は現実世界でいわゆる社畜という者です。今日も残業をしての帰宅。まわりはすっかり夜の帳のなか、真っ暗の中、私は自転車で家路を進んでいました...
嫌悪・うんざり

No.125 板挟みになったバイト君の話(男性・44歳)

夢の中で私はスーパーマーケットの特売コーナーで品出しの作業のバイトをしています。社員さんからメモを渡されて今から1時間以内に全ての商品の品出し...
嫌悪・うんざり

No.124 飛行機に間に合わない!(女性・50歳)

私は夢の中で修学旅行に行き、今日帰る飛行機に乗ることになっていたのですが、目を覚ましたらスーツケースに何もつめていない状態でした。同室の友達...
嫌悪・うんざり

No.96 悪夢のバス(男性・44歳)

会社の仕事でやってきた田舎町。いま私は、この町の玄関口である古びた小さな駅にいます。これから先の移動手段がタクシーかバスしかなく、本心としては...
嫌悪・うんざり

No.91 罪悪感とは(女性・20歳)

この夢の中では、自分は19歳の青年だった。3つ下の妹がいて、彼女をとても大切にしていた。とても優秀な妹で、両親や学校の先生からも強い期待を向け...
嫌悪・うんざり

No.78 苦しい事は夢にまで出て来るんや(男性・11歳)

突然ですが僕の家はとても貧乏です。どれくらい貧乏かと言うと、学校のクラスメイト皆がインフルエンザの予防接種を受けていたと言うのに、僕の家は...
嫌悪・うんざり

No.74 お店が近くにあれば…(女性・49歳)

私は今、事情があって田舎暮らしを長く送っておりますが、かつては都会暮らしをしていて、人もお店も一杯ある繁華街で生活しておりました。そこで今...
嫌悪・うんざり

No.53 ありえない海外出張(男性・35歳)

30代後半から40代半ばは、仕事の責任が重くなってくる年代です。私がその頃に見た変な夢を1つお話します。端的に言うと、スーツではなくパジャマ姿...
嫌悪・うんざり

No.45 好きなアイドルが男性とホテルへ(男性・41歳)

今から2か月前、好きなアイドルの夢を見ました。それは、人気女性アイドルグループのメンバーだったSさんの夢です。その日の夜、仕事で疲れていた...
嫌悪・うんざり

No.40 重たいパソコン(女性・46歳)

夢の中で私は高校2年生でした。コロナ禍で修学旅行は中止になったものの、せめて近場で何かレクリエーションをしようと、学校・先生方・生徒で協力し...
嫌悪・うんざり

No.20 マッチ売りの青年(女性・38歳)

これは、私が日常に疲れ、人間関係が億劫で仕方がないときに見た夢です。薄暗い公園を、私は1人で歩いていました。それは、子供が線の上しか歩けない...
タイトルとURLをコピーしました