男性が見た夢

信頼・容認

No.83 海の中の天国(男性・25歳)

そこは、海の中だった。僕は泳げないはずなのに泳げているし、海の中なのに息ができている。手を動かすと前に進み、目を開けているが痛みを感じない...
驚き・放心

No.82 夏休み後半の記憶が無い!(男性・12歳)

僕はとても焦っていました。気がつくと今日は8月31日。そう、夏休みの最後の日になっていたのです!「昨日はたしか..夏休みがはじまってすぐの日...
悲しみ・哀愁

No.79 祖父の伝えたかった言葉(男性・28歳)

私は現在一人暮らし3年目の社会人。25歳までずっと実家に住んでいたが3年前に仕事の都合で初めて一人暮らしをはじめた。ふと気が付くと私は実家の家...
嫌悪・うんざり

No.78 苦しい事は夢にまで出て来るんや(男性・11歳)

突然ですが僕の家はとても貧乏です。どれくらい貧乏かと言うと、学校のクラスメイト皆がインフルエンザの予防接種を受けていたと言うのに、僕の家は...
驚き・放心

No.76 コンビニ強盗撃退記(男性・48歳)

私は何故か実際には経験のないコンビニエンスストアの店員になっていた。とりあえず見様見真似で仕事をこなし、同僚だと思われる男性ともうまくやれ...
恐れ・不安

No.75 足元に居た何か(男性・42歳)

ゆっくりと体を起こそうとした時、足元に何かいる事に気がついた。まだこちらが見ている事には気づいていない様子で、足元で何かごそごそとしている...
喜び・平穏

No.73 パンケーキを食べに行こう(男性・32歳)

私は知らない街の知らないお店の前で、誰かと待ち合わせしているようでした。しばらく待っていると、目の前から女性がこちらに向かって走ってきました...
期待・関心

No.69 酒池肉林の宴?!(男性・30歳)

何かに追われる夢と車に乗っていてブレーキがきかない夢を昔はよく見ていたのですが、この夢は本当に珍しくめったに見ない夢なので、その違和感から...
期待・関心

No.68 空中を走る電車に揺られて(男性・23歳)

気がつくと僕は電車の座席に座っていた。普通だったら窓を見ると外の景色が見えるはずなのに、窓からはなぜか青い空と雲が見えていた。そして窓から下を...
恐れ・不安

No.65 事故の夢ばかり見る僕(男性・18歳)

これは、単刀直入に言うと悪夢である。簡単に言うと家族が乗っている車で交通事故がおこる夢である。生々しい内容になるかもしれないので、本当に読み...
恐れ・不安

No.64 試験を受けに試験会場へ(男性・32歳)

私は夢の中で、何度も現実であったら嫌だな~と思う夢を見ています。夢の中で私は、人生を左右するような「大事な試験」を受けに会場へ向かおうとして...
驚き・放心

No.62 無限の螺旋階段(男性・24歳)

ふと気が付くととある建物の中にいた。辺りを見回すがドアはなく、四方を壁に囲まれているような場所だった。真ん中には螺旋階段があり、上を見てみると...
期待・関心

No.59 MMO(VR)の世界に親友とダイブ!(男性・49歳)

気が付くと、自宅で親友と一緒にいました。この親友は今から15年程前、一緒にMMORPGにハマっていた事があります。私は2台パソコンを所持していたので...
信頼・容認

No.56 優しい老夫婦(男性・小3の頃から)

私が良く見る夢の話です。この夢を見るようになったのは小学校3年生くらいになってからです。その時、私の家族は離婚しました。私は母方について行く...
悲しみ・哀愁

No.55 下りの階段(男性・41歳)

気がつくと、まるで天国のような場所にいた。白くて綺麗な階段の上に立っていた。どれくらいの高さかはわからないが、階段の途中だというのは感じ取れた...
嫌悪・うんざり

No.53 ありえない海外出張(男性・35歳)

30代後半から40代半ばは、仕事の責任が重くなってくる年代です。私がその頃に見た変な夢を1つお話します。端的に言うと、スーツではなくパジャマ姿...
信頼・容認

No.51 狐のお面に隠された意味(男性・28歳)

私はどこか知らない公園に立っているところからその夢は始まった。季節はどうやら秋のようで、足元には紅く色づいた落ち葉やドングリが落ちているのが...
驚き・放心

No.46 異空間に連れてこられた結果(男性・37歳)

まるでこの世の果てとも思えるような異空間に連れてこられ、見知らぬ人物が何人もいるその空間で私は決闘させられた。手足が思うように言うことを聞かず...
嫌悪・うんざり

No.45 好きなアイドルが男性とホテルへ(男性・41歳)

今から2か月前、好きなアイドルの夢を見ました。それは、人気女性アイドルグループのメンバーだったSさんの夢です。その日の夜、仕事で疲れていた...
悲しみ・哀愁

No.42 鎖だらけの扉(男性・28歳)

ふと気が付くと、私は複数の扉に囲まれていた。寝転がっていた私を円状に囲んでいるその扉は、おおよそ8個ほどはあるだろう。扉を良く見てみると...
恐れ・不安

No.39 海の中の巨大な男(男性・47歳)

舞台は自分自身が2時間ドラマの主人公になったイメージです。いつも大雨の崖のふちに自分自身が立たされています。そして海を眺めると幻影かもしくは...
恐れ・不安

No.36 首を狩る武者(男性・17歳)

一番はじめに見えたのはどんよりとした雲、私は草原に寝転んでいました。周りには誰もおらずとても静かに思えました。薄暗い雲を見ていると不安な...
驚き・放心

No.35 ぬいぐるみの密会(男性・27歳)

気が付くと、自室にある5体の動物のぬいぐるみが急に話だしているのが聞こえました。私は寝たふりをして耳を傾けていたところ、どうやら話の内容は...
恐れ・不安

No.32 いつも1人だったあの頃(男性・42歳)

大人になっても、中学生の時のあの辛い時は忘れられません…。 私にも入学してすぐには友達はいたのですが、あることをきっかけに友達が誰一人居なく...
タイトルとURLをコピーしました