幼少期に見た夢

信頼・容認

No.154 白い部屋と旅(女性・幼少期~18歳)

これは物心がついた時から多少の差はあれども、何度も繰り返し見ている夢の話です。その夢の一番最近見たときの話を書こうと思います。夢はいつも真っ白な...
恐れ・不安

No.133 火薬庫に現れた謎のおじさん(男性・幼少期~43歳)

小学校から帰ってきた私は、ランドセルを置いて直ぐに愛犬と出掛けた。日課の散歩で、田園地帯の中をただひたすら歩いている。田園地帯の一角には池が...
驚き・放心

No.119 大ジャンプ!(女性・7~16歳)

小学生の頃、風邪を引いて高熱が出ると必ず見る夢がありました。主に夢に出てくる風景は自宅のある近所の風景ですが、いつも見慣れた現実の景色とはなん...
驚き・放心

No.84 怖い?優しい?宇宙人(女性・5歳)

いつものように家の2階で兄と遊んでいました。外は晴れていて、差し込んでくる光だけで明るく、暖かかい日でした。2階から階段を降りた正面に玄関...
信頼・容認

No.56 優しい老夫婦(男性・小3の頃から)

私が良く見る夢の話です。この夢を見るようになったのは小学校3年生くらいになってからです。その時、私の家族は離婚しました。私は母方について行く...
恐れ・不安

No.17 病室へのトラウマ(男性・幼少期から)

私はもともと病院が嫌いだからでしょうか…夢でよく、自分自身が病室で1人で寝ている風景が浮かびます。そして何故か目を開けると周りには誰もいません...
恐れ・不安

No.10 嘘をついて刑務所行きに(女性・幼少期)

幼少の頃から、嘘をついたりして後ろめたいことがある時に、良く見ていた夢です。家族で紅白歌合戦を見ていると急に外が騒がしくなり、チャイムが...
恐れ・不安

No.9 日本人形の食事(男性・幼少期)

私の夢は、子供の頃に見た不気味な夢の話。舞台は我が家。と言っても、建て直す前の古い家だった。その家は玄関がやけに広く、廊下も薄暗く気味が悪く...
タイトルとURLをコピーしました