No.191 なぜ電動アシスト自転車に?(女性・41歳) 

焦り
この記事は約2分で読めます。

大人になってから夢はほとんど見ないよ~なんて言う友達の言葉に驚く程、私は毎日夢を見ます。
その日の状況に合わせて多彩な夢を見ますし、時々予知夢のようなものも見る事があります。沢山見る夢の中で、今朝見たとれたての夢をご紹介します!
自宅近くの河川公園を自転車でブイブイと飛ばしているシーンから始まりました。ほんのちょっとのつもりで家を出て、快調に走っていましたが、「そろそろ帰らないと、小学生の息子が帰宅する」と思い、引き返そうとします。
ところが気が付くと、私が乗っているのは自分用のママチャリではなく、主人の電動アシスト自転車なのです。つまり手元にギアだのなんだのボタンがたくさんついています。
「いや、主人に操作できてる物でしょ?私にも操作できるわよ。」と余裕をかましてみたものの、やはり、普通の自転車とは全く違うので電動自転車の操作方法が全くわかりません。
「これはいかん!」と思っているのに、なぜか自転車はすいすい走って、恐ろしい事に高速道路に進入してしまいます!自宅とは全く別の方向に、いやむしろ全然知らない方向に向かって爆走してしまう自転車に乗ったまま、横をすり抜ける乗用車や大型トラックに、私は戦慄を覚えます。
さらになんと、高速道路ド真ん中で自転車のバッテリーが「しゅうん」となくなってしまいました。ゆるゆるーとスピードを落として止まりかける自転車!おお何という事でしょう!
足をついて止まろうにも私の短足では足が地につきません!うちの主人は、私と身長差40センチもある巨漢なのです!当然サドルの位置も高い!もう、最悪~!!
絶体絶命、まさに悪夢!…と思ったところで「ハッ、これはもしかして夢なんじゃない!?」と自覚して目が覚め、命拾いした気になりました。
\夢をシェアしよう!/
タイトルとURLをコピーしました