No.28 嘘みたいだけどロマンチックな夢(女性・14歳)

驚き
この記事は約2分で読めます。

私はよく寝ている時に夢を見ますが、一番印象に残っているのは中学校の頃の夢です。中学3年の時で、既に高校受験を終わらせて入学する高校は決まっている時でした。
夢の中の場面はどうやら学校のキャンパスだったように思います。私は自分がどんな場所にいたのか詳しくは分かりませんでしたが、とにかく多くの学生が夢に出てきました。
夢の中の学生たちは学ランを着ていて、渡り廊下のような所が急に出てきてそこに一人の男子学生がいました。その男子学生とすれ違ったわけではありませんが、なぜか顔が凄く印象に残ったのです。そしてその男子学生の顔を覚えたまま目が覚めました。
当時中学生だった私は、てっきり「もしかして、あの夢で見た男子生徒は、入学する高校で出会う人かな?」と思っていました。そして、高校に入学するまでなぜかその男子学生の顔は忘れず、毎日のように思い出すのです。
高校に入学してからはその人が学校内にいないか、よくキョロキョロを探していたことを今でも覚えています。しかし、残念ながら同じ高校内にその男子学生はいませんでした。
高校を卒業する頃にはさすがにその男子学生のことは忘れていたのですが、それから何年か経って私がラジオを聴いていると、「今日からお喋りすることになった〇〇です」と、男性の声が聞こえてきました。
私はなぜかそのラジオパーソナリティの顔が気になり、どうしても見たくなりました。PCを開き、そのラジオ番組を検索してその男性の顔を見た時に本当に驚きました。それは中学の頃に見た夢の中に出てきたあの男子学生の顔だったからです。
なぜそんな昔にこのラジオパーソナリティが学ラン姿で夢に登場してきたのかは未だに謎ですが、今まで見た夢の中で一番印象に残っています。そのラジオは大のお気に入りになり、その後もずっとそのラジオパーソナリティのファンになっています。
\夢をシェアしよう!/
タイトルとURLをコピーしました