No.104 あの白い物体はいったい…(男性・37歳)

恐怖
この記事は約2分で読めます。

自分の子供達と自宅で遊んでいるところから夢がスタートしていました。いつも通り、3人の子供がテンション高く部屋中を走り周り、それを自分が笑いながら「頑張れ」や「いけいけ」などと掛け声をかけていました。
一番下の子が、自分に対して「お馬さんをしてほしい」と言い出しました。よくしていたので、「よーし!」と言って四つん這いにになり、一番下の子と真ん中の子が自分の背中に乗りました。その状態で歩き出したところ、急に一番上の子が静かになりました。
いつもなら、馬の横に付いてくれ、下と真ん中の子を落ちないようにサポートしてくれるのですが、下を向いてじっとしているのです。顔はなにかに怯えているような感じがしたので、馬の状態から一番上の子に声をかけました。
自分が「どうした?大丈夫か?」と問いかけると、上の子は顔を下に向けたまま、目だけを自分の方に向け、指を指しました。自分は、上の子が指を指した方を見ると、遊んでいたリビングの扉がありました。
扉は閉まっている状態だったので、真ん中の子と下の子が乗った状態で扉の方にいきました。すると、閉まっていたはずの扉が自然と開きました。「なにかヤバい」感じがした自分は、子供らを下ろして扉を閉めようとします。
自分が力を加えたことで扉は1度閉まろうとしましたが、扉はまた開きはじめました。下の子はなにもわからず、ボーとしていましたが、上の子と真ん中の子はなにかヤバいことを察したのか、自分と一緒に扉を閉めようと手伝ってくれました。
しかし、その3人の力でも扉は開いてしまい、その奥から見えたものは、人の形をした「真っ白物体」でした。「ウワー!」と声を上げた瞬間に目が覚めました。いったいあの人の形をした白い物体はなんだったのでしょう。恐怖を感じましたが、同時に不思議な夢でした。
\夢をシェアしよう!/
タイトルとURLをコピーしました