No.102 母親との時間(女性・35歳)

私は、母親と一緒にいました。とても和やかな表情で私も母親も過ごしているように感じました。2人で一緒に旅行がしたいといっていたテーマパークに行っていて、そのテーマパークは普段は混み合っているのに、私たちが出かけているときには貸切のように空いています。
母と私は、思う存分テーマパークの中でアトラクションを楽しんでいました。母親は普段はアトラクションがそれほど得意ではないのに、夢の中では絶叫系のアトラクションにも一緒に乗っていて、普段よりもとても活動的な雰囲気になっていました。
アトラクションを楽しみ、カフェでコーヒーを飲んだり、スイーツを食べたり、お土産を沢山見て買ったり、いつもしたいと思っていたことを夢の中では思う存分楽しんでいました。天気もよく、晴れ渡っていて気温もちょうどよく、最高の日でした。
そして、2人でテーマパークの中を楽しんでいると、そのテーマパークに中には、自宅で飼っている犬も入ることができるらしく、犬の散歩も始まりました。広い園内の中で、行きたいと思っていた場所にいて、そこで犬の散歩をしながら見たかったものを見て回れるのはとても楽しい時間でした。
リードを離しても犬は遠くに行ったりせずに、一緒にそのテーマパーク内を散歩していて、一緒に写真を撮ったり、のんびりと景色を見たりして、楽しい時間を過ごしました。そこでは、時間はずっとお昼辺りになっていて、どんなに遊んでも日が暮れることなく、夢の中ではいつまでもそのテーマパークを満喫して永遠に遊ぶことができました。
\夢をシェアしよう!/
タイトルとURLをコピーしました