ユメミタが見た夢

嫌悪・うんざり

No.176 とても疲れた3つの夢(ユメミタ) 

久しぶりにとても疲れる夢を見ました。見た夢は3つの夢に分かれており、1つ目の夢は舞台が教室でした。私は学生なのか、制服を着ています。周りの皆は誰一人...
恐れ・不安

No.162 取り返しのつかない過ち(ユメミタ)

私はどこかの大学へ通う学生のようで、講義を受け終わった後に担当の教授から「部屋にこのプリントを運んでおいてくれ。」と頼まれました。どうやらその大学...
悲しみ・哀愁

No.156 君は誰なんだろう(ユメミタ)

私はマンションのベランダに立っていた。とても悲しい気持ちで、夜空を見上げている。何がそんなに悲しいのかは分からないが、酷く胸が締め付けられる気が...
恐れ・不安

No.100 逆さまのフラミンゴ(ユメミタ)

普通の夢を見ていたはずだった。家の前の道を散歩するようなのどかな夢を。そんな夢がだんだんと霧に覆われ歪んでいく。霧が晴れると、先ほどまで目の前...
信頼・容認

No.54 ユニコーンの親子(ユメミタ)

僕は家の庭で1人遊んでいました。雲を眺めながら、のほほんと過ごしています。しかし、心の中はぽっかり穴が空いているようでした。すると足元に白い...
悲しみ・哀愁

No.48 お婆さんの謝罪(ユメミタ)

昔は何か行事がある度に、沢山の親戚が僕の家に集まっていましたその中でも一番ご高齢だったお婆さんと僕は仲が良く、昔どのような生活を送っていたのか...
悲しみ・哀愁

No.41 人形型のオルゴール(ユメミタ)

8歳くらいの姿になった私はスーパーマーケットの屋上駐車場の車の中の後部座席にいた。私の隣には、以前誕生日にもらった「人形型のオルゴール」が...
信頼・容認

No.33 面を付けた優しい男(ユメミタ)

これは高熱を出し、ふわふわとした気分で眠りについた子供の頃の夢の記憶。寝ているのか起きているのか分からない感覚の中、薄目を開けると部屋の...
信頼・容認

No.27 夕日に染まる町の呪い(ユメミタ)

その夢の中で、私は書生のような服を着ていた。隣には私の「友人」であるらしい軍人の男が立っている。友人とは言っても私より何歳か年上のようだ...
恐れ・不安

No.21 流星群(ユメミタ)

夢の中の自分は知らない女の子と住んでるようだ。女の子といっても大学生くらい。女の子と呼ぶ理由は、明るくて人懐っこくて、甘えたがりで、まるで...
驚き・放心

No.15 ピエロと僕(ユメミタ)

気がつくと僕は、長い間放置されたであろう、埃っぽい舞台の上の椅子に座っていた。この場所がどこなのか、自分自身が誰なのか分からないまま、椅子を...
タイトルとURLをコピーしました