恐怖

恐怖

No.193 男の吐く息(男性・48歳)

ふと気づくと自宅から程近い近所の公園にいました。なんとなくフワフワした気持ちで散策をしていると、向こうから大勢の人たちが悲鳴をあげながら逃げてきます...
恐怖

No.192 風邪をひいた日は…(男性・27歳)

とても不思議な事に、毎回風邪をひくと、同じ夢を見ます。体が弱っている時なので折角見るなら楽しい夢が良いのですが、そう簡単に良い夢は見られないみたいですね...
恐怖

No.178 高級マンションに住める理由(女性・30歳) 

とある高級マンションに私は住んでいました。高級マンションではあったのですが、そのマンションの家賃は格安で、その代わり当番制でグループに分けられ...
恐怖

No.177 現実で義妹とは何も無いのに…(男性・37歳) 

 自分はなぜか義妹の手を握りしめ、なにかに対して一生懸命逃げているところから夢がスタートしました。なにに逃げているのかは覚えていませんが、とにかく...
恐怖

No.161 亡くなった私?!(女性・20歳)

私は夢の中で、イギリスへ出発する為にタクシーで空港に向かっています。しかし、パスポートやスーツケースを何故か家に置き忘れて、取りに帰ったりして...
恐怖

No.148 意味不明なHくん(男性・36歳)

「あ、超久しぶりじゃん、高校卒業以来だね。」高校卒業以来会っていなかったHくんが目の前に居る。それにしても何で今私たちが変な森の中であったんだろう...
恐怖

No.147 ゾンビの正体を僕は知っている(男性・37歳)

なぜか団地みたいなところに自分がおり、高校生の時に仲がそこまで良くなかった同級生や中学生の時に何回か喋ったことのある女の子などと喋っていました...
恐怖

No.146 鬼ごっこ(男性・12歳)

気がつくと、僕は体育館にいた。真っ暗な夜の体育館、そして友達が複数人いた。僕が外を出ようとした瞬間、扉が閉まった。それと同時に学校のチャイムがなり...
恐怖

No.140 熊に食べられた私(男性・49歳)

気が付くと浜辺にいました。目の前には砂浜があり、すぐ後ろには森という状況。どこかの島のようです。服装はシャツとジーンズという着の身着のまま...
恐怖

No.133 火薬庫に現れた謎のおじさん(男性・幼少期~43歳)

小学校から帰ってきた私は、ランドセルを置いて直ぐに愛犬と出掛けた。日課の散歩で、田園地帯の中をただひたすら歩いている。田園地帯の一角には池が...
恐怖

No.130 まさに地獄絵図!いにしえの拷問館(男性・51歳)

気がつくと、木造の建物の中で天井を見上げていた。「俺はこんな建物は知らないぞ。」と思った瞬間、とてつもない苦しみに襲われた。あまりに苦しくて...
恐怖

No.117 痛みが現実とリンクする(女性・46歳)

ちょっとだけ怖い夢のお話です。私は夢の中で、ひとり暮らしをしています。しかし、実際住んでいるアパートとは違い、小綺麗なマンションの一室という感...
恐怖

No.113 隣の事務所(男性・20歳)

私は社会人になりたての一般的な会社員。普段どおり出社して、そつなく仕事をこなして、ようやく自宅アパートへ帰ってきました。その当時は一人暮らしだ...
恐怖

No.109 仮面の男との約束(男性・24歳)

今は亡き祖父母が住んでいた家の庭に立っていた。実家から近所だったため、昔は兄と一緒によく遊びに行っていたものだ。数年前、祖父母が亡くなった際に...
恐怖

No.106 残酷な教室(男性・17歳)

気がつくといつもの教室にいた。学校があり教室の中で授業を受けていた。いつものように先生が前にたって僕たちに授業をしている。なんの違和感もなく...
恐怖

No.104 あの白い物体はいったい…(男性・37歳)

自分の子供達と自宅で遊んでいるところから夢がスタートしていました。いつも通り、3人の子供がテンション高く部屋中を走り周り、それを自分が笑い...
恐怖

No.90 私の決断(女性・43歳)

 がれきになった街の中を私たちは集団でさまよっていた。夜の闇の中月あかりだけがたよりだったが、時々雲間から現れる満月の明るさに少し安心をする...
恐怖

No.85 洋館に集められた私達(女性・21歳)

意識がはっきりするとそこは大きな洋館で、とても不気味な雰囲気が漂っていました。その洋館には私を含め8人の人が集められ、茫然と立ち尽くす人が...
恐怖

No.75 足元に居た何か(男性・42歳)

ゆっくりと体を起こそうとした時、足元に何かいる事に気がついた。まだこちらが見ている事には気づいていない様子で、足元で何かごそごそとしている...
恐怖

No.72 子豚さんと人魚さん(女性・30歳)

私は、とある塔のてっぺんに立っていました。すると私は何を考えたのか、いきなりためらいもせずに、その塔のてっぺんから地面に向かって飛び降りました...
恐怖

No.66 恐ろしい森の中(女性・20歳)

その日は仕事で残業を夜中の12時までやっていて帰宅したのは夜中の1時過ぎでした。家にたどり着いた時はもうボロボロで風呂にも入らずベッドに倒れ込む...
恐怖

No.65 事故の夢ばかり見る僕(男性・18歳)

これは、単刀直入に言うと悪夢である。簡単に言うと家族が乗っている車で交通事故がおこる夢である。生々しい内容になるかもしれないので、本当に読み...
恐怖

No.60 知らないインストラクター(女性・51歳)

いつも利用しているスポーツクラブの中でヨガのレッスンに参加していたわたし。いつものスタジオでインストラクターも同じだったけど参加者全員見たこと...
恐怖

No.52 かくれんぼ(女性・38歳)

私はその夢の中で、写真撮影をする為に撮影スタッフ5人ほどで、とある村へと向かった。その村には、言い伝えがあるらしく「かくれんぼで、2回目までは...
タイトルとURLをコピーしました