40代に見た夢

怒り・苛立ち

No.167 お隣さんからの激しい罵倒(男性・42歳)

私が家族と会話していると玄関の方で何やら騒がしい声がしている。「何事か」と思い、玄関の方へ母が出ていくと、何者かがもの凄い勢いで母を罵倒する声が...
喜び・平穏

No.163 まさかのプロゴルフ(男性・48)

突然ですが、私は現実の世界でとてもゴルフが好きです。この日ベッドで眠りにつくと久しぶりに夢を見ました。その夢は、何の前触れもなく突然、数多くの...
恐れ・不安

No.157 大雪と学生の試験(男性・45歳)

私は何故か大学生であり、それは大学の卒業試験の日の当日であった。私は十分な試験勉強をしておらず、試験で合格点が取れるのか非常に不安であった...
信頼・容認

No.151 スポットライトを浴びて(女性・49歳)

私は夢の中で30歳頃の姿になっていました。沢山のドレスが並ぶ試着室で綺麗なドレスを何着も着て、鏡の中に映る自分の姿を観ていました。何のために...
嫌悪・うんざり

No.150 女性恐怖症の私(男性・42歳)

とてもさわやかな風が吹いていました。私は夢の中で中学生の姿になっていました。現実世界の中学生時代同様に、休み時間に教室で机に顔を伏せて寝ています...
期待・関心

No.149 なぜ洋服のデザインを鮮明に見るのか(女性・42歳)

私は気が付くと「ブティック」と言う名前のお店に1人で居ました。どうやら日本ではない様で、常夏のハワイかな?と思います。ブルーや水色が映えるそんな...
怒り・苛立ち

No.145 彼氏は私です(男性・44歳)

夢の中で交際中の彼女のMさんが突然記憶を失い、病院で長期間入院していました。私がお見舞いに行っても無言のままで素っ気ない態度です。彼氏だと...
嫌悪・うんざり

No.144 家に着くまでが仕事です(男性・48歳)

私は現実世界でいわゆる社畜という者です。今日も残業をしての帰宅。まわりはすっかり夜の帳のなか、真っ暗の中、私は自転車で家路を進んでいました...
信頼・容認

No.141 夢の中でも働く(男性・46歳)

私は現実で、とある病院に勤務しています。夢の中ではなぜが勤務しているはずの病院に、患者として訪れている状態になっており、明日手術だと知らされ...
恐れ・不安

No.140 熊に食べられた私(男性・49歳)

気が付くと浜辺にいました。目の前には砂浜があり、すぐ後ろには森という状況。どこかの島のようです。服装はシャツとジーンズという着の身着のまま...
期待・関心

No.136  別の世界に生きている自分(男性・40歳)

私が40歳の頃に見た夢ですが、その夢はまるで別の世界で生きているように感じました。夢で見た世界は周囲が真っ白で自分自身がどこにいるのか分からない...
驚き・放心

No.134 学校の校庭で子どもが転ぶ夢を見た(女性・46歳)

私は小学生の娘を育てています。とても活発で、いつも「怪我しないかな?大丈夫かな?」と思わず心配してしまうような子です。ある時、私は夢を見ました...
恐れ・不安

No.133 火薬庫に現れた謎のおじさん(男性・幼少期~43歳)

小学校から帰ってきた私は、ランドセルを置いて直ぐに愛犬と出掛けた。日課の散歩で、田園地帯の中をただひたすら歩いている。田園地帯の一角には池が...
嫌悪・うんざり

No.125 板挟みになったバイト君の話(男性・44歳)

夢の中で私はスーパーマーケットの特売コーナーで品出しの作業のバイトをしています。社員さんからメモを渡されて今から1時間以内に全ての商品の品出し...
恐れ・不安

No.117 痛みが現実とリンクする(女性・46歳)

ちょっとだけ怖い夢のお話です。私は夢の中で、ひとり暮らしをしています。しかし、実際住んでいるアパートとは違い、小綺麗なマンションの一室という感...
期待・関心

No.108 火星調査員になった夢(男性・40歳)

私は夢の中で、火星を調査する火星調査員でした。火星には、高速ワープ装置を使って行きます。高速ワープ装置を稼働させるために必要な原料は、地球に...
驚き・放心

No.97 懐かしの小学校(女性・40歳)

私は大昔に通っていた小学校の校門に立っていました。校庭の方を見てみると、小学生の頃のクラスメイトが大勢いました。「あ!今日は同窓会だったわ...
嫌悪・うんざり

No.96 悪夢のバス(男性・44歳)

会社の仕事でやってきた田舎町。いま私は、この町の玄関口である古びた小さな駅にいます。これから先の移動手段がタクシーかバスしかなく、本心としては...
恐れ・不安

No.90 私の決断(女性・43歳)

 がれきになった街の中を私たちは集団でさまよっていた。夜の闇の中月あかりだけがたよりだったが、時々雲間から現れる満月の明るさに少し安心をする...
期待・関心

No.81 青春が戻ったみたい?!(女性・48歳)

それはクイズ番組T大王を観た日でした。私は頭の良い人が好きなタイプなので、今日もS君カッコよかったなあーと眠りにつきました。すると、まるで...
驚き・放心

No.76 コンビニ強盗撃退記(男性・48歳)

私は何故か実際には経験のないコンビニエンスストアの店員になっていた。とりあえず見様見真似で仕事をこなし、同僚だと思われる男性ともうまくやれ...
恐れ・不安

No.75 足元に居た何か(男性・42歳)

ゆっくりと体を起こそうとした時、足元に何かいる事に気がついた。まだこちらが見ている事には気づいていない様子で、足元で何かごそごそとしている...
嫌悪・うんざり

No.74 お店が近くにあれば…(女性・49歳)

私は今、事情があって田舎暮らしを長く送っておりますが、かつては都会暮らしをしていて、人もお店も一杯ある繁華街で生活しておりました。そこで今...
驚き・放心

No.71 その災いは天からの助けなのか?(女性・40代)

ここ最近、私は何度か同じ設定の不思議な夢をみています。私は現実の世界では、結婚している40代の主婦なのですが、その夢の中では私はまだ少女で...
タイトルとURLをコピーしました